住宅ローン借換に必要な経費はいくら?

住宅ローン借換に必要な経費にはさまざまなものがあります。
住宅ローンの借換をしますと、契約書貼付印紙税がかかります。
これは、ローンの金額によって異なっています。
借り入れ総額が1000万円から5000万円以下の場合には2万円がかかります。
5000万円から1億円以下の場合は6万円となります。
さらに、抵当権を設定するために、登録免許税もかかります。
この税金は借入金の0.
1パーセントと定められています。
司法書士に頼んで登記をしてもらう場合、その報酬も経費としてかかります。
また、金融機関に支払う手数料もあります。
住宅ローンの借換を行いますと、これまでの住宅ローンを完済する必要がありますので、そのための繰上げ返済手数料が発生します。
この繰上げ返済の手数料は金融機関によって異なっています。
ローンを借り替える先の金融機関では、事務手数料も発生します。
こちらは、借入金のうちの数パーセント、または金融機関が定めている一定の額となっています。
自営業の住宅ローンの収入とは?