半身浴ナビ - 正しい時間と方法とは?

 

あなたは普段、どんな入浴タイムを過ごしていますか?最近、テレビや雑誌等でよく取り上げられるようになった半身浴。デトックスやダイエット、冷え症や美容など、様々な健康効果があるものとしてとても話題を集めていますよね。あなたも一度は行なったことがあるのではないでしょうか。

 

そもそも半身浴とは、基本的にカラダのみぞおちの下部分をお湯につけて、腕を出した状態で行なっていきます。どなたでも簡単に毎日行なえることから、特に女性の方に人気が高まっていますね。しかし、行なっている方の中には正しいやり方を把握していない方がいるようで、せっかくの効果が半減してしまっているのが現状です。

 

そこで、こちらでは半身浴の正しい方法をご紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さいね。ポイントとなるのは、お湯の温度や入浴時間、腰の位置などとなっています。その中で意外と間違っている事が多いのが温度と時間なので、行なう前には正しい方法をチェックしておいて下さいね。

 

さて、半身浴には様々な作用があるという事で注目を集めていますが、その中でも注目度が高いのがダイエット効果ですね。長時間の入浴で痩せることが出来ると言われていますが、実際のところ消費カロリーはいくらなのでしょうか。実は、その消費カロリーについては今のところ確かなデータが無いのが現実なんです。

 

ですが、色んな所で言われている消費カロリーをまとめると、体格や年齢によって消費カロリーの個人差はあるものの、平均して約100kcalを消費するそうです。この消費カロリーが多いか少ないかで言うと、激しい運動時の消費カロリーと比べると少ないですね。と言っても、ぬるま湯に長い時間浸かっているだけで、わずかでも消費カロリーがあるというのは魅力的ですよね。

 

しかし、いくら消費カロリーが約100キロと言われても、長い時間浴槽に入っているのは退屈ですよね。時間を持てあましている方が多いのではないでしょうか。そんな方にお勧めしたいのがバスグッズです。最近では様々な種類のグッズが販売されているので、バスタイムが楽しいものになりますよ。

 

グッズには、本を読む時に便利なブックスタンドや浴槽専用の枕、ケープや入浴剤、エステグッズなど色々あります。また、それらグッズに加えて好きな音楽をかけたり、DVDを見たりして快適な半身浴タイムを過ごしている方もいるようですね。あなたもぜひ試してみてはいかがでしょうか。健康になれるだけでなくリラックス作用もあるので、年齢や性別関係なくお勧めしますよ。それではごゆっくりご覧下さいませ…

 

半身浴とは?


あなたは、お風呂が好きですか?

 

健康に良い入浴方法があるんですが、ご存知ですか?

それは、最近よくテレビや雑誌等のメディアで多く取り上げられている「半身浴」になります。

 

半身浴をすると、健康に良いことはもちろんデトックス効果があると言われています。

 

ダイエット効果もあるんですよ。

 

<やり方について>
簡単に言うと、お湯の中に胸からしたの下半身部分だけを浸けて入ります。

 

<お湯の温度について>
人間の体温よりも若干高めです。

 

※設定で38℃〜40℃くらいがベストになります。

 

この温度のお湯に20分〜30分くらい時間をかけてゆっくりと浸かります。

 

このとき、せっかく胸から下だけ浸かったのに、たった5分位で出てしまっては意味がありませんよ。

 

じっくりゆっくりと入るのがポイントです。

 

また、ぬるま湯に浸かることがポイントになりますね。

 

普段入っている方法では、実は体にとても負担を与えていることをご存知ですか?

 

カラダの中でも肺や心臓に大きな負担を与えているので、これらの器官に病気をもっている人や高齢者などは特に、普段の方法はあまりお勧めできないですね。

 

それに比べて半身浴は、肺や心臓に病気をもっている人や高齢者でも、カラダに負担をかけることなく安心してゆったりと浸かってもらうことが出来るんです。

 

普通に考えると、全身浸かった方がカラダを温めることができると思いますよね。

 

しかし、実際はその反対で胸から下だけ浸かる方が温まるので、注意しましょう。

 

半身浴をした方が全身浸かるよりカラダがよく温まって、お風呂から出た後もポカポカに温まるんですね。

 

特に冷え性の人などは、冷えが解消される作用があるのでお勧めですよ。

 

効果について


私たちの身体は、冷えることで様々な支障をきたしてしまいます。

 

そして、病気の原因ともなってしまいます。

身体が冷えるという事は、新陳代謝も悪くなるということで、そうなると体内に毒素が蓄積されていきます。

 

そんな時、半身浴をして身体を温めることで冷え性の改善に繋がります。

 

また、体内に溜まった毒素を排出することも出来ますね。

 

このように、半身浴には身体の様々な症状を緩和する効果があります。

 

先ほども話したように、まずは「冷え性の改善効果」が挙げられます。

 

入り方については、38℃くらいの湯に20分〜30分ゆっくりと浸かって身体を芯から温めます。

 

夏場はよく冷房などをかけていますが、これによって冷えた身体にも有効に働きますよ。

 

それから、「肩こりや頭痛の緩和効果」もありますね。

 

ポイントとしては、ぬるま湯に浸かりながら軽く体を動かすことです。

 

腰や肩を少し回したり、入浴後にストレッチをしたりすると良いですね。

 

そして、「痔の症状緩和効果」もありますよ。

 

痔の方は、時間をかけてゆっくりと肛門を温めることで症状を軽減することが出来るんです。

 

肛門に力を入れたり抜いたりして動かすと更に効き目が上がりますよ。

 

また、「便秘解消効果」もありますね。

 

胃が弱って食後に胃がもたれるとか、胃酸が少ない時などには、半身浴をすることで胃の働きを活発にすることが出来るんです。

 

胃酸過多の人では、42℃以上の熱めの湯に5分ほど浸かると良いそうですよ。

 

その他、「夏バテ」にも効果がありますね。

 

夏バテをして食欲が減退している時は、半身浴をすることで副交感神経の働きを活発にして食欲を復活させることが出来ます。

 

ちなみに、高血圧の人については時間を15分ほどにして下さいね。

 

これがベストになります。

 

※注意:熱湯に浸かることは避けましょう。

 

低血圧の方については、42℃以上の熱いお湯に浸かるのがベストになります。

 

血圧が上がって新陳代謝も活発になりますよ。

 

美人はもうやってるよね?半身浴が美人をつくる